もしも

音楽自体に点数がつけられるのならば、とても楽なことだと思う時がある。

誰が1番早く弾けるのか?誰が1番凄いのか?誰が1番複雑なことをやるのか?誰が1番フレーズをよく知っているのか?いろんなリズムを自由自在に操れるのは誰なのか?たくさんの曲を知っているのは一体誰なのか?

もしそんなことで音楽をやっているとしたら僕はもう、とっくに廃業しているような気がする。

もし点数で音楽の価値が決まってしまうのならば、百点満点の世界ナンバーワンのギタリストがいたとして、その人は音数の物足りなさや不器用さが生み出す不思な魔力を充分理解しつつも、自分の地位を守らなければいけない努力により、ものすごい苦労することになるんだろうなぁ。まぁ、もしもの話だけどw

話を戻せば、もし点数で音楽の価値が決まってしまうのならば、自分の不合格を認めてすぐに廃業すればいいだけなので楽なんじゃないかなぁと言いたいだけなのである。

img_4399-5

ドッグランなう

ギター其の2

ひとつ前のブログで僕のメインで使っている、ギブソンL-5の修理や交換についてお話ししました。

このギブソンL-5を修理に出してる間、いったいどうしているかと言うと、サブ楽器としてギブソンL-7を使っているのであります。

意外とこの楽器を知らない人もいるので、再び取り上げて少し話してみたいと思います。


まぁなんともこれがかっこいい楽器だで〜

ほんとギターってのはいいわ〜

この楽器は1959年のもので、この頃の職人と言うのはとても技術が高くて作りがしっかりしております。

ギブソンL-5をもっと価格を安くして、庶民のての届きやすいものにしたのがこの機種です。

そしてこの機種は、完璧なるアーチトップのアコースティックギターです。

この付いているピックアップは弦とボディーの間に、かさぶたのようにくっついているもので後付けです。


マカティピックアップと言ってグラントグリーンがとても気に入って使っていたピックアップです。

L-7はグラントグリーンも愛用していまして、彼が使っていたものがおそらく1936年〜38年くらいのもので、カッタウェイはありません。それにマカティピックアップを載せて使っていました。これは僕のホームページのトップの写真でつかってます。グリーンのアイドルモーメンツで弾いてるやつね!

しかしこのピックアップは、ハウリングおこして使いにくいのです。なぜこのピックアップが好きで使っていたのが謎です。

音はP-90のような感じですが、ちょっと違って独特のぶりぶりして指のタッチが露骨に音に伝わります。それがなんともたまらない感じだからでしょうかね。

イコライザーでうまくハウリングを制御したり、もっとやり方はありそうですね。


こちらのサドルはナイロンに変えております。

弦はダキストを使っております。もうこれは手に入りません。しかも最後の1セット(涙)とてもダークで美しい音がするので、好きだったんだけど…

ペグはオリジナルのものが、ひどく劣化していたもので、交換しております。


後からのフォルムもかっこいいですね。

ペグ交換の際に、ネックの後をぶつけてしまいまして、傷を作ってしまいました。演奏には支障は無いのですが、このギターを手に取るたびにいつもボコっと凹んでいる部分を触るので、そのたびに不快な思いをしたいたわけです。

それをこのたびきちんと修理いたしまして、とても心地が良いです。


こんなにきれいになりました!

やっぱりギターがいいなー

ギター

さて最近の近況と言えば、長年気になっていた僕の愛用しているL-5のピックガードがめちゃめちゃになっていて、それをなんとか交換したいと考えていたんだけど、なかなか見つからなくて…

しかしやっと交換しました!


これはセルロイドでできています


こんな感じで割れてしまって、演奏中いつグジャグジャになってしまうのか、とても心配だったんです。


裏から見るとこんな感じで、ピックガード本体に穴が開いてしまったり、それを何とか修復しながらだましだまし使っていたの。

アロンアルファで固めたり、何か溶剤を流し込んで無理矢理固めたり…

でももうそろそろ限界だってことで、やっと見つけました。

いろいろと黒いものや、鼈甲柄のものとかあるんだけれど、やっぱりギブソンの純正品がいいなぁと…

そしてそれを手に入れて


ほらこの通り!


超マニアックな方なら、わかるかもしれませんが、いやそれでもわからないと思いますが(笑)サドルをナイロンのものから鉄製のものにしています。


そしてなんとなんと、フレットもステンレス製のものに打ち替えました。


ギターってほんとにかっこいいですね!

飾って見ているだけでも、気分が良くなります。

僕は車とかにほとんど興味がないけど、ギターがかっこいいなぁ。

オシャレに

先日、無印良品で買ってきた水出しのルイボスティーを飲んでおります。


最近は、全然ブログ更新していないです。

やはりFacebookやTwitterは、自分のこの内向的な性格に合わないような気がします。

しかしブログは、一応公でありながら好きなことを言える場所にある気がします。

多少言葉に気を使いながら、あまりマイナス的な事は言わず、自分のオタッキーぶりを好きな人に見ていただくと言う、その程度のものかもね…

だけどきっと、毒を吐いている方が面白いと思うんだけとね笑

SNSでいきなり投稿馬鹿みたいに流すと、あいつは夏の暑さで頭がおかしくなったんではないかと、そう思われてしまうかもしれないけど(笑)ブログだったらいきなりいっぱい投稿したって、ずっと休んじゃったっていいじゃない?

ミューズ

大谷桃ちゃんと木更津でデュオでした。

彼女は演奏も素晴らしいし、キュートで可愛いですね。

ミューズはBGM的なんですが、演奏は意外と自由にのびのびと出来ます。

なので、お客さんのリクエストにお応えすることもありますが、結構好きなことが出来てミュージシャンとお客さんのニーズのバランスが取れてるんじゃないかと思いますw

桃ちゃんと、お互いのネタを出し合いながら曲を決めてい来ました。

とても勉強になリますw

次回は6/16金曜、オルガン土田晴信デュオです!

是非是非どうぞw

コントレイル

6/8(木)@銀座 コントレイル銀座

高原かな(vo) 小暮哲也(g)
20:30~ 22:00 2Set

この日は、お客さんが来てくれるか心配でしたが・・・

なんと

近くで演奏していた西川直人さん(org)吉村樹里さん(vo)が顔を出してくれましたw

とても楽しい演奏でしたw

とにかく笑えました!

だって西○くんが・・・

無理やりマイクを向けられスキャットさせられてしまいw

はじめはデュオでやってたのねw

お食事いただきましてw

これは美味しかったです〜

マスターの哲也さんは特に料理を習ったことが無いらしいのですが、このクォリティは素晴らしい!

 

そして仕事を終えた西川直人くんも参戦!

西くんの対応能力には、叶わないやぁw

見にくいけど一番左が吉村さんです。

みんなジャズ好きの集まる楽しいお店に、ぜひ遊びにいらしてくださいね!

次回は、オルガン土田晴信&小暮哲也デュオでお送りします。

 

近況

最近ブログを更新していませんね?

などと言われることが多くて

ある意味、楽しみにしている人が多いということの裏返しでもあるので・・・

すこし嬉しかったりします。

ブログをサボっている間に、色々なことがおきます。

そして色々な考え方の変化もあり

それを知ってもらうことをサボってしまうのは勿体無いなぁ・・・

などと思うのであります。

書きたいことは山ほどあるのですが

面倒になってしまうんですねw

しかし、とにかくブログやホームページの更新などは自分を振り返る作業でもありますから、とてもいいことです。

自分を知るということは、人生の中でも最も価値のある作業だと思いますしね・・・

 

 

俺のイタリアンTOKYO

6/4()@ 俺のイタリアン東京

大谷桃(p) 小暮哲也(g) 小美濃悠太(b)

仲良しな三人組ですw

こちらはホコ天での撮影!

男は、ちょっとセクシーに!

女子はオシャレに!

 

演奏も楽しいんだけど、それ以外も充実してますw

エリック・サウスっていうインドカレーのお店です。

ここはほんと好きだなぁ

ターメリックライスとバスマティライスってのがあり、バスマティライスは少し癖があるのだけれど慣れてしまえば癖になるw

ちょっとバスマティライスを調べましたよw

どうやら・・・バースマティーは、イネ科の植物でインドとパキスタンで何百年にも亘って栽培されてきたお米の品種らしいです。

糖質が少なくて私のような中年世代に優しいようです。

ロングライスやタイ米とも違うようです。

タイ米よりも糖質が低くてヘルシー

この事実を知らずに、バコバコとお代わりしていたのでございます。

ターメリックライスよりは体に優しいようですねw

さて次回は、青山にてこのトリオで演奏します。

演奏がガッツリと聴けるわけではないのですが、お食事を楽しんじゃってくださいねw

Bluse ette

こちらはセッションホストです。

5/28 横浜 Blues Ette

土田晴信(org) 小暮哲也(g)

MC 2000円 14:00~

昼間のセッションです。今回で4回目。

毎回色々なお客さんに来ていただいております。

楽しいセッションになりました。

来てくださったお客様、本当にありがとうございました!

 

御嶽山イオンスタイル

三善香里ヴォーカル デュオ

ファーストセットは、まばらだったお客さんもセカンドセットには立ち見のお客さんまで・・・

気がつくと大盛り上がり! 楽しライブになりました。

コーヒーをいただいたり、写真のプレゼントがあったり、本当に感謝しておりますw

ジャズギタリスト小暮哲也の日々を書き綴ります。